2次試験の勉強

2次試験の受験生はどこで差がつくのか

投稿日:

400

予備校に行ってる方々はともかく、独学者は大半がふぞろいは見てる。市販の本も限られている。

どこで差がつくの?
やっぱりセンス?

402

>>400
>どこで差がつくの?
やっぱりセンス?

合格者じゃないけど
たぶん出題者が設定しているテーマに関する「裏キーワード」が書けてるかどうかだと思う

406

>>402
となるとやっぱりセンスだよね

初受験なので想像だけど、試験が終わった時は多くの方が手ごたえを感じながらも、不合格の憂き目に遭ってきたんじゃないかと思う

407

>>406
というより、裏キーワードを再現答案で集めて売ってるのがマンモスじゃない予備校であり、ふぞろいなのでは。

408

>>407
そんなものですか。

2次の勉強してみての感想は、
ふぞろいのキーワードの習得だけでは40点
あとの20点上乗せとして、

  • 文章構成能力
  • 与件との対応付け能力→バランス、多面性
  • 的を外していない独自性

ではないかと勝手に思ってる

410

>>408
>・文章構成能力
40点台の答案を見たけど問題は①~②~と書かれてて読みやすかったのであまり関係ないかと

>・与件との対応付け能力→バランス、多面性
これは60点以上答案ではそのようになってたよ

>・的を外していない独自性
これは勝負に出たなw

413

>>410
うーん、文章構成能力とはそういうことではなくて、与件文そのまま抜き出しではなく、より簡潔に試験回答らしい表現にすることかな

従って、構成能力ではなく表現能力と言うべきでした

与件文対応付能力は、キーワード羅列ではなく、設問間の関連性と与件文との調和かな

418

>>413
そんなこと
ほとんどの多年度受験者が気付いていてやってるけど

8割の人は落ちて
さらに何年も落ち続けてるよ

考えてもみなよ
ストレート合格者は2か月しか勉強時間が無かったんだよ
それでも受かってるんだよ

あなたが言うような試験のお作法のようなことは多年度生の方が実力は上だよ?

それでも落ちるんだよ

2か月しかない中ストレート合格者がお作法の勉強なんかしてたと思う?
合格要因はお作法にあらずだよ

429

>>418
読みとれないのですね
私の主旨はキーワードではなく、独自性

441

>>429
独自性なんか求められていないでしょ?w
>>438
事例1は何点でした?

445

>>441
Aとだけ言っておく

447

>>445
61点ですね
分かりますw

452

>>441
お前程度の初心者が人をあれこれ言うな
受かった合格証アップしてから能書きたれろ

455

>>452
独自性のある解答を目指さなくなって良かったね

430

>>418
なんだ、あんた初受験かよ随分と偉そうだな

お作法が多年度生が上かは分からないだろ

だからセンスと言ってる
せいぜいお作法汚しで臨みな

409

>>406
知らないことは書けないのでセンスでは無いと思う

試験勉強で覚えておいて本試験時にスッと思い出せるかどうか
それをセンスと言うのかもだけどw

 

中小企業診断士 2次試験 事例83

4万円台で受講できる人気の通信講座

スタディング

1次試験対策はマインドマップを用いて体系的に効率よく暗記できる「学習マップ」、2次試験対策は解答すべき要素を抽出できる「ロジックマップ」など独自メソッドに定評があり、受講生が急増しています。

2019年から、教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座にも認定されました。

診断士ゼミナール

1度受講すると3年間追加料金なしで再受講できる「3年間受講延長無料制度」を導入している中小企業診断士専門の通信講座。

講義動画だけでなく、テキストも毎年すべて最新の教材が提供されます。

科目合格制度を利用して複数年で合格を目指す方は、圧倒的に低価格で受講できる超おすすめ講座です。

-2次試験の勉強

Copyright© 中小企業診断士の勉強方法 , 2021 All Rights Reserved.